新東京邂逅記 by 長谷川高

厳しい時代を生き抜く為の資産防衛と不動産戦略

不動産マーケット

2009年版不動産広告に見る不動産市況

今年に入って新聞に折り込まれる不動産広告をいくつか見ていて気づいたことがあります。以下は現在の不動産市況を反映した現象だと思われますので、分類してお伝えします。 目に優しい価格帯を前面に出した戸建広告 数年前までは都内城南エリアにおける戸建…

2009年新築分譲マンションの価格動向

マンションの販売価格の相場観が戻ってきたという話を何度かこのブログでしましたが、(私が10年以上前にマンション用地の仕入れをしていた当時に「売れるだろうと思われる、そして実際に売れた」販売価格の相場に戻ってきたと感じたという意味ですが)先日…

何年前に戻るのか?不動産価格

今日は、不動産関連株は軒並み上昇したようですが、実態を反映してではなく、単なる短期的なマネーゲームの対象として上下しているだけのようですね。 最近、デベロッパーの方に「これから○○のエリアに土地を買うとすれば、売値は幾らにぐらいですか?」と尋…

迷う投資家、悩める消費者

いったい何時まで不動産の下落が続くのでしょうか。 分譲マンションでは、再販業者さんが、 当初の設定価格=定価の40%から50%程度で買い取り 再販をして売れ行きは順調な様です。 「値下げすれば、まだしっかり売れる」のを見て まだ日本経済は大丈夫だ・…

買い控えと不動産の適正価格

先日から、車に乗っていると異常を知らせるランプがインパネに点灯するように なりました。 ブレーキのパットが磨り減っているのを警告しているのです。 半年前から、自動車修理工場で指摘されていたのですが、 「夏までには、車を買え換えるので、夏までも…

不動産業界の大火がこちらへも飛び火

ここの所、更新が滞りまして、すみません。 この2週間程、以前は多少傍観の感があった不動産市況の クラッシュ状態ですが、遂に火の粉が川を渡ってこちらへも 飛んできました。 弊社は、基本的にはコンサルではありますので、 個人、法人のお客様からのフィ…

ああ、創建ホームズ

昨夜、西多摩の友人を訪ね、その後22時ごろ、帰宅し、 PCを開くと下記のニュースが目に 飛び込んできました。 また、新興不動産企業の民事再生申請です。 以下日経からの記事です。 創建ホームズ、民事再生法の適用申請 負債総額338億円 戸建て住宅事業を手…

マンション販売14年ぶり低水準

昨日の日経新聞によると 不動産経済研究所の発表によると2007年度の首都圏のマンション新規発売戸数は、前年度比17.8%減の5万8156戸と大きく落ち込んだ。近畿圏も7.6%減の2万8592戸となり、いずれも14年ぶりの低水準となった。建築費や用地取得費の上昇…

公示地価発表

以下本日の日経新聞からです。 08年の公示地価、2年連続上昇・全国伸び率、1.7%に拡大 国土交通省が24日発表した2008年1月1日時点の公示地価は全国平均(全用途)で前年比1.7%上昇し、2年連続で前年を上回った。根強いオフィス・住宅需要を背景に3大…

シンガポールGIC、ウェスティンホテル東京買収・770億円

以下、本日の日経新聞より シンガポール政府投資公社(GIC)は月内にも、米モルガン・スタンレーが保有するウェスティンホテル東京(東京・目黒)を約770億円で買収する。米国の信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)問題の余波で世界的に…

大量の更地供給が始まった

年末年始と古いお付き合いの不動産業界の方々とお会いして 感じたことは、 今年、私の想像以上に不動産市況が厳しいものになるという ことです。 去年の冬から春に仕入れた土地は、建物を建てずに更地のまま 売りに出しているが、売れない現状があります。 …

中小デベロッパーは仕入れストップか?

毎年のことながら、この年末に不動産業界の方に会う 機会が増えています。 直近の話しとして、やはり不動産の停滞は相当厳しい ものがあります。 中小の戸建業者、マンションデベロッパー、不動産ファンド は、「迷ったら買え」の時代から「迷ったら絶対に買…