新東京邂逅記 by 長谷川高

厳しい時代を生き抜く為の資産防衛と不動産戦略

果たして新価格で売れるのか?

ご無沙汰しております。
最近、デベロッパーの担当者の方とお話しする機会
が多いのですが、いわゆる郊外の「新価格マンション」
が相当苦戦しているようです。

ここ数年、マンション用地が高騰しました。
バブル崩壊による企業の寮・運動場等々の資産リストラ
、及び金融機関の不良債権処理が完了した結果、
市場へのマンション用地の供給が急激に細りました。
このように完全な儒教と供給のバランスが崩れたことと、
入札形式での売却により、価格は近年どんどん高騰して
いきました。
郊外の土地でさえも、以前の周辺相場(つまり周辺での
マンション販売価格から割り出した適正な土地価格)
の2倍以上で多くの土地が売却されていきました。
加えて、ここ数年のH鋼等の鉄骨・鉄筋等の価格上昇、
つまり建築費の上昇がさらに販売価格押し上げる結果に
なってしまいました。
そして、現在、この高値で仕入れた土地の建設された
マンションの販売が始まりました。
それでも都心部のマンションの売れ行きは好調なようです。
所得の2極化とマンションの2極化現象がはっきり出て
きています。
一方、郊外の物件、それも大規模でない中、小型物件の
売れ行きがよくないようです。
考えてみれば、当たり前のことですが、多少景気は良くな
ったと言っても、一般消費者の給与は10年前と何ら変わらない
のですから。
自ずとローンを組んで購入可能範囲は限りがある訳です。
さて、これから業界はどうなるのでしょうか?
この1・2年で大きな調整が遂に来るのではと危惧しています。
**********[お知らせ]*********

  • 不動産を買う前にご一読を!家の購入のための知恵の書

【家を買いたくなったら】WAVE出版、長谷川高

【デジタル不動産コンサルタント】