新東京邂逅記 by 長谷川高

厳しい時代を生き抜く為の資産防衛と不動産戦略

夏の思い出

今年の夏は、あまり休めず、というより殆んど仕事三昧
でした。
公私共に暑い夏でした。

元幕張プリンスホテル、現在アパホテルにてランチ。
幕張ベイに住むお客様との打ち合わせ。
幕張ベイを一望する素晴らしい景色でした。
どこかマイアミのような・・・幕張でした。

お盆過ぎに、リブロ大宮店の昼間匠店長さんから
連絡あり、
「遂に累計1000冊を超えました!」
と、すぐに大宮に直行。
お礼を申し上げに。
店頭では、ビジネス書未だ第2位で売れています!
あの藤巻健史さんの書籍より売れていました。
感謝、感激です。
大宮の皆さん、書店の皆さんありがとございます。
翌日、WAVE出版に大宮店から100冊の追加注文が入った
ようです。「新記録を目指します」と昼間店長は
おしゃってくれました。
今後も「家を買いたくなったら」よろしくお願い
申し上げます。

8月最終日。
高校時代の友人と共に
「最期ぐらい夏らしく過ごそう!」
ということで、葉山の一色海岸のビーチバーへ
波の音を聞きながら、
車の者はグアバジュースを飲みながら
去り行く夏を楽しみました。
私の気持ちとしては、夏は、フランスやドイツ
並に1ヶ月休むというのが強い願望ですが、
今年も実現できませんでした。
休んで考える時間や読書、勉強する時間がなければ
いけないと思っております。
日本は、欧米並みに経済的には成長しましたけど、
欧州なみに本当に豊かな生活をしているかと
言えばNOですね。
国がというより、まずは自分が欧州並の生活を
したいと思っています。
だって、同じ人間として生まれて、納得が
いきません。
まして、毎年暑くなるし・・・。
近年中に、夏は1ヶ月は休むようにしたいと
真剣に思っております。
皆さんもご一緒にそうしましょうよ。
ようは休むか休まないかですよ。きっと。
その後が怖い?そうです私も怖いです。