新東京邂逅記 by 長谷川高

厳しい時代を生き抜く為の資産防衛と不動産戦略

大量の更地供給が始まった

年末年始と古いお付き合いの不動産業界の方々とお会いして
感じたことは、
今年、私の想像以上に不動産市況が厳しいものになるという
ことです。
去年の冬から春に仕入れた土地は、建物を建てずに更地のまま
売りに出しているが、売れない現状があります。
これの意味するところは・・・。
本来デベロッパーは、土地での転売は基本的に行いません。
マンションや戸建てを建築し分譲するために土地を購入する
訳です。
しかし、去年の6月建築確認が建築基準法の改正により春以降
審査が滞り建築確認が殆んど降りなくなっています。
それ以上に、現在既に販売中の物件が売れない、よって順次
販売予定としていた物件も相場が更に崩れる前に
(土地のまま)早期に売却してしまおうということになって
います。
デベロッパーが早期に売却するために、建物を建てずに、
更地のままで売却という選択を取るのは、バブル崩壊以来の
ことでは、ないでしょうか。
よって、この春から更に多くの土地が市場に出てきます。
しかし、本来数年前の不動産マーケットからすれば、高値で
つかんだ土地が、まずはその価格で放出される訳ですから、
その価格が本来の価値に見合う適正であるかは、冷静に判断
する必要があります。
どちらにしても、今後、需要に比べ土地(更地での)供給が大きく
上回ることになりそうです。
多くの物件から良いもの適正な価格のものを選ぶことが肝心
です。
長谷川高(デジタル不動産コンサルタントLTD.)