新東京邂逅記 by 長谷川高

厳しい時代を生き抜く為の資産防衛と不動産戦略

個人投資家が不動産業者に買い勝てる!?

昨今の事業用不動産(=収益不動産)向けの融資の
状況を見ていますと、不動産業者さん向けの融資は、
殆んどストップしています。
しかし、個人の不動産投資家向けの融資は、
審査基準は厳格化されたものの、未だに止まって
おりません。
(金融機関にもよるとは思いますが、弊社が
お付き合いしている数行はまだ融資して頂いて
おります。)
これは、ある意味、融資という面で見れば、
個人投資家が、不動産業者さんに「買い勝てる」
という非常に珍しい事態です。
もちろん、個人であれば誰にでも融資をする
訳ではりませんし、各行の基準に則って
融資の可否や総額、融資期間を決めています。
頭金、賃料収入、年収、お勤め先、物件の担保評価
もちろん総合的な評価となりますが、
プロの業者が殆んどの融資が断られる中で、
個人投資家には、融資を実行して頂けるだけでも
チャンスと言えばチャンスです。
プロの転売業者が喉から手が出るほど購入したい
と思える物件でも、プロ故に今は買えないのです。
また、既に多くの収益物件を抱えきれなくなった
業者さんからも今後物件が大量に出てくるでしょう。
不動産個人投資家にとっては、サブプライムローン
問題も、金融収縮も不動産株下落、リート下落も
ある意味チャンスと言えるかも知れません。
しかし、焦ってはいけません。
まずは、まっとうな投資の勉強をしましょう。
多くの物件情報を集めましょう。
そして多くの物件を自分の目で見ましょう。
比較検討しましょう。
その後に良い縁があれば、価格<価値の物件に
出会えるかもしれません。

長谷川高(デジタル不動産コンサルタントLTD.)