新東京邂逅記 by 長谷川高

厳しい時代を生き抜く為の資産防衛と不動産戦略

証券市場も一服か?

早いもので、もうすぐGWですね。
皆様は、もう旅行の計画を立てられましたか?
私もできれば、海外、特にドバイや上海の現状を視察してみたいと
思いますが、それは無理そうなので、
日本の地方をもう一度見てみたいと思います。

東京にいると、やはり地方のことは、実際には
良く分らないのです。
時々、関西や地方都市へ出張に行くことがありますが、
何時もとんぼ返りですから。
じっくり人に会って話しをしてみたいと思います。

さて、不動産業界は3月末を超えて一息付きたいところですが、
不動産市況に明るさはまだ戻ってきていません。
このままだと果たして来年の3月末の不動産会社の各決算は
いったいどうなるのでしょうか?

ニューヨークの金融株か上がれば、日本の金融株も上がり、
それに連れて日本の不動産株も戻したりしております。
正に今日のマーケットはそんな様子でした。

米国の金融も日本の銀行・証券も元来ある一定の儲かる
仕組みは既に出来上がっています。
それ故、売られすぎれば戻すことになりますが、
果たしで、日本の不動産、特に丸の内や霞ヶ関、西新宿に
貸しビルをもっているわけではない新興市場の不動産会社は
これからどうなってしまうのでしょうか?
一時は、戻しても根本的には相当厳しい状況が
続きそうです。

欧米の金融機関が傷んでいる間に、日本のメガバンク
飛躍のチャンスが訪れてきているように、
不動産会社が痛んでいる間に、
個人投資家にもチャンスが来ていると
思います。
長谷川高(デジタル不動産コンサルタントLTD.)