新東京邂逅記 by 長谷川高

厳しい時代を生き抜く為の資産防衛と不動産戦略

中国の将来恐るべし

さて、オリンピックでは、中国の圧倒的な国力を見せ
つけられましたね。
「21世紀は中国の時代」であるということがよく言われ
ますが、それが現実味を帯びてきたように思わせる祭典
でした。
現在、中国の株式や不動産は、今年に入ってから大きく
下がり、「中国バブル崩壊か?」と言われています。
日本も東京オリンピックのあった1964年の翌年の株価は
大きく下がりました。
しかし、その後の日本の経済発展は、ご存知の通りです。
中国も日本と同じ道を辿るのでしょうか?
私は、間違いなく、それも速度を早めて同じ道を辿る
のではないかと思います。
1960年代後半の日本と今の中国を比べた場合、
多くの類似点があると思います。
何よりも中国人は、当時の日本人同様に勤勉であり
猛烈な向上心があると思います。
更にそういった人々の絶対数が、当時の日本人より間違いなく
一桁多いということです。
また、海外へ留学して最新の技術や知識を持ち帰る人も一桁多いの
です。
*****************
中国の毒入り餃子の問題や公害の問題を指摘して
「あの国はまだまだ・・・」とおっしゃる方もおります。
確かに現在の中国は、そういった社会的問題に対する危機感が
低いというか遅れていると感じる点も多々あると思います。
(もちろん、人権問題もですが)
しかし、かつて日本でも、高度経済成長の時代に様々な社会問題
が起こりました。
神通川流域のカドミウム汚染=イタイイタイ病
水俣湾の水銀汚染=水俣病
森永ヒ素ミルク事件
現在では信じ難いような問題が日本でも起きました。
私は、「北京の大気汚染が酷い」と聞けば
日本の「川崎ゼンソクを」思い出しまします。
「中国が今辿っている道は何時か日本が通った道だな」
と常に感じてしまいます。
「但し、何事も桁が一つ多い」
ということと、
戦後「奇跡の経済成長」と言われた日本に比べても
「更に発展と変化の速度が早い」
ということです。
それ故、近隣の国であり、最大の貿易国である中国の
経済成長やその一時的なクラッシュの影響は
(または、大気汚染等の影響も)
よくも悪くも日本にとっては「甚大」であるということです。
*****************
日本の観光地では、もう中国からの旅行者無しでは、経営が
成り立たなくなっている所が増えています。
地理的に近い、九州等では、観光に限らず、あらゆる経済活動
において、切っても切れない関係になっています。
秋葉原も同様です。
銀座の三越松屋も中国の旧正月には、大きな垂れ幕で
中国のからの観光客を迎えました。
トヨタも日産も、おそらく本音は、
「もう販売台数は国内は延びなけれど、中国で売れればよい」
ということだと思います。
******************
我々個人投資家から見ても中国は常に魅力的でありましたが
私自身は、そのタイミングが掴めませんでした。
よって、私は、中国の不動産や株式にこれまで投資をしたことは
ありません。
特に不動産は、立地の良し悪しが「本質的に」わかりません
ので投資する気になりませんが、
ETF等の株式投資や、特に香港市場に上場しているような
優良企業のインデックス投資は、これから行っても良い
のではないかと思います。
具体的には、香港市場やニューヨーク市場で中国株の
インデックスやETFを購入しようと思っています。
もちろん、自分のポートフォリオの一部でですが。
もちろん、タイミングは、今後、一時的に中国経済
大きく落ち込むタイミングでです。
******************
PS.
オリンピックの野球は特に残念でした。
私も、中学時代、大切な試合(準決勝)で簡単なサード
フライを落球し試合に負けたことを思い出しました。
だからGG佐藤には、同情を禁じえません・・・。
また、当時試合前の練習を見ていて、「これなら勝てる」と思った
相手に「あれれ?」という間に負けてしまったことも
何度となくありました。
(そんな時は、怒った監督さんに、真夏のグラウンドを皆で
気を失う程走らされました・・・。)
野球は不思議なスポーツです。
星野監督が言うように、「強いチームが必ず勝つとは言えない」
のが野球です。
そこが、100m走等の陸上競技と異なるところです。
V9時代の長嶋や王がいた巨人でさえ、万年最下位のスワローズに
負ける試合が幾つもあったのが野球です。
また、今回は、アメリカはともかく、韓国は実際強かったです。
何より気合が違いましたね。
若いエースピッチャーの顔も怖かった。
あの顔に対抗できるのは、往年の張本選手ぐらいでしょか(笑)
長谷川高(デジタル不動産コンサルタントLTD.)