新東京邂逅記 by 長谷川高

厳しい時代を生き抜く為の資産防衛と不動産戦略

全国の空室率上昇と総務省発表

昨日の記事から

全国の空室率、過去最高の13.1%に上昇 住宅・土地統計調査
総務省はこのほど、「平成20年住宅・土地統計調査」の結果を発表した。
それによると、平成20年10月1日現在における全国の総住宅数は5,759万戸で、平成15年からの5年間で370万戸増加した。空き家は756万戸で、総住宅数に占める割合は過去最高の13.1%(平成15年は12.2%)に増加した。 都道府県別では、空室率が最も低いのは沖縄県で10.2%。続いて神奈川県が10.5%、埼玉県が10.6%、山形県と愛知県が11.0%となっている。
一方、空室率が最も高いのは山梨県で20.2%。続いて長野県が19.0%、和歌山県が17.9%、高知県が16.5%となった。(2009年7月29日、朝日)

この記事を見て皆さん驚きましたでしょうか?
私は、仕事でけっこう地方都市し参りますので特に驚きはなかったのですが・・・。
東京の近郊でも郊外に行けば、県営住宅や公団住宅でガラガラの団地は多く見受けられますし、実感値としてはもっと悪いのではと感じています。
これからのアパート経営、マンション経営は益々厳しくなってくるのは人口構成からして避けられません。もう10年前、20年前の様に「何を建てても埋まる」時代は終わりました。
大家さんが工夫、勉強、努力、営業をしないといけない時代になりました。
***************

■不動産・投資のご相談、調査、講演等のご依頼

●購入予定マンション・戸建・土地の調査
●投資物件の調査
●不動産なんでもメール相談(48時間以内に回答)
●不動産投資相談・不動産投資顧問業務
●法人向け不動産コンサル業指導・顧問業務
●土地活用相談・診断
●相続・資産整理・買換・売却

実需から投資まで不動産のプライベートバンク 株式会社長谷川不動産経済社

***************

賢明な不動産投資家に贈ります!
新刊「お金を生み出す家を買いたい!」

→アマゾン


何と!17刷り決定!!4万8千部突破(3万4千部は誤りでした!)「不動産購入の知恵の書」
「家を買いたくなったら」長谷川高著 (WAVE出版)

]

アマゾンへ
***************
『不動産投資情報のメルマガ』

●相互リンクしませんか?●