新東京邂逅記 by 長谷川高

厳しい時代を生き抜く為の資産防衛と不動産戦略

不動産投資家向けセミナー、お席残り僅かになりました。

下記19日20時現在で定員+αになりましたのでお申し込みを締め切らせて頂きます。ありがとうございました。

いよいよ、弊社主催 個人不動産投資家向けセミナーが来週(月曜日)26日
に開催されます。

詳細は↓↓
http://d.hatena.ne.jp/digicon/20091013

今回の講演は、私、長谷川はコーディネーターを務めます。
日本の経済はもとより不動産市況も混沌とした状況になってきました。
私は、不動産投資に成功するには、「何時不動産に投資するのか」という
ことが、「どんな不動産に投資するか」と同等に非常に重要であると思います。
ロバート・キヨサキさんが不動産投資で成功した一番の理由は、
単純に「投資した時期が良かったから」だと私は思います。
(その他レバレッジ以外の投資における特筆すべきノウハウらしきことはどこにも書いていない、笑)
世界第2位のウォーレン・バフェット氏が現在のような大富豪になれたのも
「将来も成長していく優良な企業に」投資しただけでなく
「その株価が本来の価値に比べて著しく安くなった時に投資した」
ことが大きな要因です。

不動産投資において、その
「何時投資するのか?」
また
「グローバル経済において日本の不動産は今後も成長可能であるのか?」といった二つの命題にある程度のヒントとなるセミナーになるのではと
感じております。
***
講演の第1部では現役第一線の不動産コンサルタント、再開発コーディネ
ーター、長谷部裕樹先生より主に以下のことがお伝え頂く予定です。
世界経済の中に完全に組み込まれた日本経済、日本の不動産の
今後を占う意味でも貴重な講演になると思います。

1.100年に一度の金融危機、実際の世界主要都市の経済、不動産はどうなっていたのか?
2.ドバイや上海といった新興国や中東の経済的打撃はどの程度であるのか?各国の不動産マーケットの現状は?
3.欧米の富裕層は実際どの程度痛んでいるのか?再度日本に投資を向けることは可能なのか?
4.日米、日欧、はたまた中東、上海と比較した日本の不動産マーケットに未来はあるのか?
5.結局日本の不動産は世界的な視野に立った時に魅力が残っているのか?

といったことをお話し頂けると思います。
数百枚の写真から厳選した写真をお見せしながらの解説は今から楽しみです。

*長谷部先生も宿泊した一泊18万円のブルジュドバイ
非常に楽しい会になると思います。
***
講演第2部では、ブルームバーグや生保・損保等の機関投資家向けに
講演も行っている原田毅先生が同様の内容を個人不動産投資家向けに
アレンジして行って頂く予定です。

ブルームバーグで講演する原田毅先生
様々な経済的な指数や係数、統計資料を通じて日本の不動産マーケットを
個人投資家にも分かりやすく解説頂く予定です。
この講演により投資家の皆様は以下のことが分かると思います。

1.現状の不動産マーケット及び今後はどうなっていくのか?
2.実物への不動産投資やリートへの投資のタイミングは何時が最適なのか?
3.不動産ファンドや不動産会社、(不動産を保有する)機関投資家の今後の動きは?
4.不動産投資に失敗しない為にはどういった点に注意すべきなのか?
5.不動産投資に成功するためにはどういった経済指標、ニュースに注意すればよいのか?

詳細はこちらから↓↓
http://d.hatena.ne.jp/digicon/20091013
***
以上の講演は私自身も楽しみにしています。不動産投資家の方、読者の方この
機会に是非お待ちしております。
残りの席わずかです。
ま〜兎に角、お気軽にご参加下さい。
当日、講演会でお会いしましょう!(長谷川)



***************

■不動産・投資のご相談、調査、講演等のご依頼

●投資用アパート・マンションの調査
●購入予定マンション・戸建・土地の調査
●不動産投資エージェント
●不動産なんでもメール相談(48時間以内に回答)
●不動産投資相談・不動産投資顧問業務
●法人向け不動産コンサル業指導・顧問業務
●土地活用相談・診断
●底地・借地・不正整形地・売却困難物件の整理・売却

実需から投資まで 不動産投資顧問、調査、コンサルティング 株式会社長谷川不動産経済社

***************

重版決定!賢明な不動産投資家に贈ります。
「投資とお金と人生の読本」
新刊「お金を生み出す家を買いたい!」(WAVE出版)

→アマゾン
***
第17刷り決定!!4万8千部突破 不動産購入の知恵の書
「家を買いたくなったら」長谷川高著 (WAVE出版)

アマゾンへ
***************
『不動産投資情報のメルマガ』

●相互リンクしませんか?●
*以前相互リンクして頂いた方のリンクがこちらのミスで消去されてしまいました。再度ご連絡下さい。すみません!