新東京邂逅記 by 長谷川高

厳しい時代を生き抜く為の資産防衛と不動産戦略

2009年11月不動産マーケット解説

新築マンション・中古マンションの今後の価格・供給について
新築マンションの在庫が無くなってきていますので購入者からすると選択肢が結果としてあまりなく、その分需要が中古マンションに流れているようです。
それ故東京の都心、湾岸、城南エリアの中古物件の在庫も減って非常に少なくなってきています。
人気エリアにおいては「売る物件(中古マンション)が無い」という声を聞かれます。
さて今後は、どうなるのでしょうか?
このまま新築マンションの供給は益々先細るのでしょうか?
いやいや、実は、生き残ったマンションデベロッパーが保有する着工していない土地はまだまだ沢山存在します。
周りの安値提供物件がはけるのを待っている土地、取得簿価が高く損切りできない状態のまま放置されている土地・・・。
(もちろん再生中の企業が保有しているマンション用地もまだまだ沢山あります。)
更にこの9月、10月と大手不動産会社や生き残ったマンション専業デベロッパーが新規でマンション分譲用地を購入しています。
(遂に若干動きが活発になってきました。)
既に仕込んだ(簿価の高い)販売した場合に出る赤を新規の物件の利益で相殺することも今後の決算対策上必要です。
また、何よりも高騰していた建築費が年初から随分下がってきたようです。
しかし、売値はどうなるのでしょうか?
まあ、結論から申しますと今後の新築マンションの供給は続きます。
価格も「これなら売れるだろう」と思われるレベルで出てくるでしょう。
この経済全体の停滞が続く時期に(また給与やボーナスが今後も減少していきそうな状況の中で)「チャレンジ価格」で出す企業は少ないと思います。
ということで、一般消費者へは「焦ることは全く無いのです」ということだけはお伝えしておきたいと思います。
●購入予定マンション・戸建・土地の調査
***
先日、「家を買いたくなったら」(WAVE出版)の増刷が決まり「これで累計5万4千部になりました!」とWAVE出版編集者の飛田さんから連絡がありました。
「武道館の満席4日分の人が買ってくれたのか・・・」と感慨深いものがありました。
読者の皆さん、書店の皆さん、出版社の皆さん本当にありがとうございます。
感謝です。



***************

■不動産・投資のご相談、調査、講演等のご依頼

●投資用アパート・マンションの調査
●購入予定マンション・戸建・土地の調査
●不動産投資エージェント
●不動産なんでもメール相談(48時間以内に回答)
●不動産投資相談・不動産投資顧問業務
●法人向け不動産コンサル業指導・顧問業務
●土地活用相談・診断
●底地・借地・不正整形地・売却困難物件の整理・売却

実需から投資まで 不動産投資顧問、調査、コンサルティング 株式会社長谷川不動産経済社

***************

重版決定!賢明な不動産投資家に贈ります。
「投資とお金と人生の読本」
新刊「お金を生み出す家を買いたい!」(WAVE出版)


→アマゾン
***
第19刷り決定!!5万4千部! 不動産購入の知恵の書
「家を買いたくなったら」長谷川高著 (WAVE出版)

アマゾンへ
***************
『不動産投資情報のメルマガ』

●相互リンクしませんか?●
*以前相互リンクして頂いた方のリンクがこちらのミスで消去されてしまいました。再度ご連絡下さい。すみません!