新東京邂逅記 by 長谷川高

厳しい時代を生き抜く為の資産防衛と不動産戦略

不動産投資も逆張り投資が基本

トヨタの世界的にリコール問題で株価が下がってきましたね。
3,000円に近付いてきました。
デンソー等のトヨタと関係が深い優良企業も軒並み売り込まれています。
さてどこまで下がるのでしょうか。
当然今回のリコールの影響はトヨタ関連各社の決算に影響を及ぼすでしょうが、当然ながらトヨタがこの問題で破綻する可能性は非常に低いと。
更にやはりトヨタという企業は長期的に見れば今後も今回の損失を取り戻し更なる成長を続けると。
(もちろん個人的な意見ですが)

そこで「流石にこの問題は一時的なもので将来の戻しや成長は望める」かつ「今の株価は明らかに割安な株価であり『買い』である」という判断であるならば当然「逆張り投資の実行」ということになる訳です。
(その価格が幾らは意見の分かれるところでしょうが)

今回のような事件は、トヨタにとっては大変な問題ではありますが、投資家サイドから見ればトヨタデンソーの様な世界的な超優良企業の一部を割安な価格で投資できるチャンスとも言えるのです。

私は、一昨年の米国の金融危機の時に、ゴールドマン・サックスウェルズファーゴの様な「まあ、ここは破綻はしないだろうな」と思われる米国金融機関の株式を買おうと口座まで開いて準備しました。
しかし、最後の最後に「自分の知り得る範囲では個別の金融機関内容には確信がもてない」との理由で投資は見合わせました・・・。
具体的にはGSとウェルズファーゴとバンカメに投資しようと考えていましたが。

確信がもてた米国金融機関出身の投資家、藤巻健二さん(フジマキ・ジャパン代表)なんかは日本株を全部売って、米国金融株買ったようですが・・・。
相当儲かったでしょうね。
結局私にはできませんでた・・・。
(その代わり、同じタイミングでリートに投資しました。)

***

「金持ち父さん貧乏父さん」の著者:ロバート・キヨサキ氏が何故不動産投資で成功したのか?それは、私が思うに「単純に安い時に買ったから」だと思います。
(それ以外に良い物件を買ったからといのもあるのでしょうが・・・)
元来あの同氏の一連の書籍は彼の創った「キャッシュ・フローゲームを売るために書いた」と彼の日本人通訳の書いた本にありましたが、兎に角、安く投資したから利回りも良かったのだと思います。
ゲームと不動産、どちらが儲かったのか個人的には聞いてみたいですが・・・・。

***

日本の不動産投資においても当然ながら、やはり不動産投資成功のカギは逆張り投資です。
不動産会社や不動産ファンドが苦境に立っている時期こそが個人投資家にチャンスが巡ってくるのかもしれません。

***

PS.1
しかし、株式はネット証券に口座を開設すればすぐにトヨタデンソーの株を買えますが、
不動産投資の場合はルートがなければ投資できません。
その辺りのルートの作り方や対処方法も2月22日の個人投資家向けセミナーではお話ししたいと存じます。

詳細は昨日のブログをご参照下さい↓↓
http://d.hatena.ne.jp/digicon/20100203

***************

■不動産・投資のご相談、調査、講演等のご依頼

●購入予定マンション・戸建・土地の調査
●投資用アパート・マンションの調査
●不動産なんでもメール相談(48時間以内に回答)
●不動産投資相談・不動産投資顧問業務
●法人向け不動産コンサル業指導・顧問業務
●土地活用相談・診断
●底地・借地・不正整形地・売却困難物件の整理・売却

実需から投資まで 不動産投資顧問、調査、コンサルティング 株式会社長谷川不動産経済社

***************

賢明な不動産投資家に贈ります。
「投資とお金と人生の読本」
新刊「お金を生み出す家を買いたい!」(WAVE出版)

→アマゾン
***
何と!17刷り決定!!5万部突破 不動産購入の知恵の書」
(「家」シリーズは累計10万部突破です。ありがとうございます。)
「家を買いたくなったら」長谷川高著 (WAVE出版)

アマゾンへ
***************
『不動産投資情報のメルマガ』

●相互リンクしませんか?●
*以前相互リンクして頂いた方のリンクがこちらのミスで消去されてしまいました。再度ご連絡下さい。すみません!