新東京邂逅記 by 長谷川高

厳しい時代を生き抜く為の資産防衛と不動産戦略

日本経済の潮目が変わった!?

最近株価上昇していますね。

私の周りの経済通の方々は皆さん「潮目が変わった」的な発言をされています。

(しかし、向こう半年から1年といった期間においてですが)

現在の鳩山社会主義政権による経済無策な状況下でも、
これだけ上昇して(いや戻して)きているのですから、
ある意味日本経済はまだまだ捨てたものではないのかもしれません。

***

しかし、個人的には、今後経済や株価が(短期的かつ表面的に)回復してきた場合においても、今までのように更なるキャピタルゲインを期待するような投資は、一回完全に手仕舞いしようと思っています。
(それを何時行うかが問題ですが・・・・来週・・来月辺りかもしれません。)
今後は、やはりインカムゲインを期待できる投資に殆どを切り替えていこうと思っています。
つまり中長期的な更なる発展を期待するのはなかなか今の日本では難しいと様々な場面で感じています。
マクロ的な大きな理由は以下の通りです。

  • 人口問題(これが一番大きい)→少子高齢化
  • 団塊のジュニア世代を中心とした購買意欲の無さ、成長意欲の無さ
  • お題目ばかりで何ら具体的な成長戦略を打ち出せない民主党
  • 新興国の成長による資源需要の急上昇=資源高騰=輸出企業に取っての原価アップ=利益圧縮=賃金停滞+貿易黒字の削減

経済の面から今の日本の現状を一言で表すならば
「資源の無い無策な老成したかつての輸出大国」
ということだと思います。

そうなんです。
ですから、再び我々(ブログの読者)は政治に頼ることなく、自らの生活は自ら能動的に防衛していかないといけないと。

もちろん労働市場でしっかり働き金融市場で・・・・


よって、私もあまりキャピタル・ゲインという夢ばかり見るのはもういい加減にして、より堅実な投資を行っていきたいと思います。

仮に、インカム・ゲインを蓄積していく中で「これは!」という機会があれば、またキャピタル・ゲインを期待する投資を行うこともあるでしょう。

しかし、その対象は、もう「日本」でないように感じます。

日本ではないとすると新興国でしょうか・・・・・。
新興国ETF?(笑)それもよいのでしょうが・・・。
ETFの優位さは十分理解しているつもりですが、
多分私の性格からして投資対象にはならないでしょう。
ETFって何かロマンがないですよね(笑)
「誰が好き?」って聞かれて「クラス全員」と答えるような優等生的というか・・・・。

その他何でしょうね、ゴールド?未公開株?ルーマニアの農地(笑)?
「分らないものには投資しない」
皆さんもこの大原則だけは守っていきましょう。

私も相当懲りました(笑)
授業料は安いに越したことがありません。国立大学みたいに。



***


PS.
最近、実は風邪で体調を崩してしまいました。
1月から3月まで頂いたお仕事は何でも引き受けてしまい殆ど休みなく働いていました。


有難いことに大変やりがいのある仕事を幾つも頂いたり、様々なプロジェクトに参加させて頂いたり、総論皆様には感謝しかないのです。

しかし、人間の一番大切な「リソース」は、お金ではなく「時間」ですから、今期はもっと「時間」を本質的に有効に使うことも実践したいと思います。

「受ける仕事」、「会う人」、「何に時間を使うか」等々をよく考えて実行したいと思います。

「時間」だけは「後から稼げば取り戻せる」という訳にはいきませんから。


***************

■不動産・投資のご相談、調査、講演等のご依頼

●購入予定マンション・戸建・土地の調査
●投資用アパート・マンションの調査
●不動産なんでもメール相談(48時間以内に回答)
●不動産投資相談・不動産投資顧問業務
●法人向け不動産コンサル業指導・顧問業務
●土地活用相談・診断
●底地・借地・不正整形地・売却困難物件の整理・売却

実需から投資まで 不動産投資顧問、調査、コンサルティング 株式会社長谷川不動産経済社

***************

賢明な不動産投資家に贈ります。
金融機関や証券会社の方が読んでいる真っ当な投資本!
「投資とお金と人生の読本」
新刊「お金を生み出す家を買いたい!」(WAVE出版)

→アマゾン

***

何と!17刷り決定!!5万部突破 不動産購入の知恵の書」
(「家」シリーズは累計10万部突破です。ありがとうございます。)
「家を買いたくなったら」長谷川高著 (WAVE出版)

アマゾンへ
***************
『不動産投資情報のメルマガ』

●相互リンクしませんか?●