新東京邂逅記 by 長谷川高

厳しい時代を生き抜く為の資産防衛と不動産戦略

メガバンクも地主飛び込み営業


不動産業界はよく「生き馬の目を抜くような業界」と言われますが、私が最近見聞きする他の業界の方が競争がし烈な様な気がしています。


不動産業界にありそうで意外にないものが「談合」です。
談合する程の熾烈な競争が元来存在しないのかもしれません。
繰り返すバブルと自然淘汰を業界も受け入れてきたのかと。


この談合がないことにより、建設業界の様に業界内でのドロドロした側面はあまりないように思います。
総じて、各社が勝手にやっているといった印象を受けます。


よって、例えば、都市再生機構を別にして、不動産会社に官僚が天下ってきたという話も殆ど聞きません。


逆に、談合が無い故に競争は熾烈かと言えば、やはり(数年前のミニバブル時には別ですが)、今はそれ程でもないようです。

都心の一等地で土地の入札を行っても、入札者無しで流れるケースも多々あります。


***


先日、郊外の大地主さんの所へ某メガバンクの若い担当者が飛び込んできて、借入金の(自行への)借り換えを提案してきたというのです。


これまで、マンション建設資金や収益マンションへの投資を行った資金は(非常に低い金利で)長い付き合いの地方銀行等から借りていたのですが、そこに目を付けたのです。


優良資産家故に更に低い金利を提案したのです。それも飛び込み営業で!


不動産業界でも飛び込み営業している人は最近、随分少なくなったと思います。
(弊社にもあまり来ないな〜)



ネットや口コミ、ツイッターも流行りの営業手法なのでしょう。
そういった小手先も大事なのでしょうが・・・。
私なんか、いきなりメールで営業されても何かピンときません。
古いのですかね。


メガバンクでも問答無用の飛び込み営業で、優良資産家を囲っていこうというのは、当然と言えば当然です。
アホなTVCMより実効的な効果のある戦略だと思います。


私の想像ですが、この地主さん、地銀等からの借り入れをそっくりそのメガバンクへ移すと思います。


更に借り換えにより余剰(評価)部分があれば、更に融資を受けて投資をしたいということのようです。


ある意味、ドライな方ですが、0.1%でも金利が安い方になびくのは、水が低い所に流れるのと同じぐらい自然なことですよね。


***


何ともはっきりしない天気ですね。

明日からは晴れるのでしょうか?

明日は、元上司の方と夜飲む予定なのですが、久しぶりで結構緊張します(笑)
そうでもないか(笑)
何年経っても上司は上司ですから、そういった関係が継続すること自体が有難いことです。


***

実需から投資まで〜不動産投資顧問、調査、コンサルティング
株式会社長谷川不動産経済社

*******DVD・書籍********

デベロッパーの投資手法を知って投資の失敗を防ぎませんか?

「賢明なる不動産投資術セミナーDVD」発売!
<失敗しない投資戦略とリスクヘッジの手法>

詳細はこちらへ

***

賢明な不動産投資家に贈ります。
金融機関や証券会社の方が読んでいる真っ当な投資本!
「投資とお金と人生の読本」
新刊「お金を生み出す家を買いたい!」(WAVE出版)

→アマゾン

***

何と!19刷り決定!!5万部突破 「不動産購入の知恵の書」
(「家」シリーズは累計10万部突破です。ありがとうございます。)

「家を買いたくなったら」長谷川高著 (WAVE出版)

アマゾンへ
***************
『不動産投資情報のメルマガ』

●相互リンクしませんか?●