新東京邂逅記 by 長谷川高

厳しい時代を生き抜く為の資産防衛と不動産戦略

見直される旧山の手、旧高級住宅地

震災以後、東京における旧山の手の住宅地が見直されてきているように思います。
また古くからの高級住宅街も同じです。
実需での購入者にとっても投資家目線でも同じです。


購入者や投資家に代わって不動産を調査していると、やはりというか旧高級住宅街であった山の手エリアや古くからの高級住宅街は歴史的に地盤が良いことが分ります。
これらの地域は総じて「古い時代に形成された台地」の上に存します。
(そうでないエリアも一部ありますが)


友人が東日本大震災当日、小石川のマンションまで電車が全部止まった中、
「赤坂から歩いて1時間強で楽々帰ったよ」
と言っていました。

南平台に住む先輩も
「道が混む前に車で日比谷から20分で帰ったよ」
と。


今の20代や30代の方には、
青葉台、南平台、松濤、音羽、小日向、小石川、西片、千駄木・・・・
と言ってもあまりご存知ない方も多いと思います。
青葉台には美空ひばり邸、南平台は三木武夫邸、村上(ファンド)邸、松濤は旧鍋島邸、音羽は鳩山邸・・・


これらの地域は、地価もまだまだ高いのですが、台地で地盤も良く、東京のオフィス街から歩いても1時間から1時間半程度で帰れるのは事実です。

南平台に住む先輩が、
「昔の高級住宅地は、(今はあまり知られていなくとも)かつてそこが高級であった理由がちゃんとあるのだよね」
と言っていましたが、おっしゃる通りかも知れません。


どことは言いませんが、今現在の極めて人気の高い住宅地が必ずしも震災に強い地域ではないことも事実です。


今後も「震災は起こる前提」で不動産は購入すべきだと思います。

「起こり得ないと思っていたことが起こる時代」
「数百年に一度しか起こらない言われていたことが起こる時代」
と思って(全てにおいて)備えるべきかと個人的には思っております。


***

PS.
3月末に新刊が出ました
「不動産投資これだけはやってはいけない」(廣済堂出版

不動産投資 これだけはやってはいけない!

不動産投資 これだけはやってはいけない!

もっと早く告知する予定でおりましたが、
「大震災時に、不動産投資でもないだろう」という気持ちもありました。

しかし、上記の様に
「全ての大家さんが繁栄する時代」

「不動産であれば何に投資しても上手くいく時代」
は完全に終わりました。


勿論この本は震災前に書いたのですが、
既にコンサルの現場では
「投資してしまった物件が収益を生まない」
といった相談が増えていました。
その厳しい現状を踏まえて書いた本です。


こんな時期に投資の本が売れるとも思いませんが、
難しい時期故に、ご興味のある方には読んで頂ければ
幸いです。


***


実需から投資まで〜不動産投資顧問、調査、コンサルティング
株式会社長谷川不動産経済社


*******DVD・書籍********


「愚直でまっとうな不動産投資の本」(ソフトバンククリエイティブ

虎ノ門八重洲等のビジネス街で特に売れています。ありがとうございます!

アマゾンへ


***


デベロッパーの投資手法を知って投資の失敗を防ぎませんか?

「賢明なる不動産投資術セミナーDVD」発売中
<失敗しない投資戦略とリスクヘッジの手法>

◎視聴できます↓↓
詳細はこちらへ


***


金融機関や証券会社の方が読んでいる真っ当な投資本!
「投資とお金と人生の読本」
新刊「お金を生み出す家を買いたい!」(WAVE出版)

→アマゾン


***
あの5万部、19刷りのベストセラー本の
最新版「家を買いたくなったら」

アマゾンへ
***************
『不動産投資情報のメルマガ』

***

ツイッター」時々つぶやいています。
http://twitter.com/#!/hasekei8888

***

●相互リンクしませんか?●