新東京邂逅記 by 長谷川高

厳しい時代を生き抜く為の資産防衛と不動産戦略

一般的投資と経営手法の誤り〜我々は大企業の経営者でも資産家でもない


日本の殆どの会社は中小企業です。いや零細企業でしょう。弊社もそうです。

不況になると、生真面目な日本人はより懸命に資格を取ったり勉強を始めたりするようです。
勉強の最も手っ取り早い方法はおそらく読書でしょう。


ビジネス街に近い丸善八重洲ブックセンターに行けば、著名な(元)経営者の書籍がずらりと並んでいます。


私もこれまで多くの本を読んできました。感銘を受けた本も沢山ありました。
しかし、感銘を受けても自分のビジネスに実際に役立つか?というとそうでもないな〜と最近感じるようになりました。
(20代のサラリーマン時代は異なっていたように思いますが)


最近では「何かが違うぞ?!」と思う様になりました。


それは彼らの殆どが「大企業の雇われ経営者」だからだと思われます。

残念ながら創業者ではないのです。

彼らが「有能な部下」であり、「極めて有能な管理職」であり、かつ「運にも上司にも恵まれた」のは間違いのない事実だと思います。

しかし、「何かピンと来ない」のです。


我々零細企業の経営者からすると最も知りたい肝心なことが書かれていないと感じます。
(自らの人間性等を磨くには良書だとしても・・・)


投資一般にも同じことが言えるのではないでしょうか。
今、日本で盛んに宣伝され普及している投資手法、つまり「グローバルにかつ幾つもの株式や債券等に分散投資する手法」です。


その分散する割合を「プロ」のアドバイザーが「比率は40%対60%が最適」だとか「3分割だ、4分割だ」と述べている記事等をよく見かけます。

しかし、これは、リスクを限りなく分散する手法であり、
所謂(大)資産家が「資産を減らさない投資手法」です。

この方法で我々一般の人間が行っても何か良いことが起こり得るのでしょうか?
たこ足食いの毎月分配型投信よりはよいとは思いますが・・・)

つまり極めてローリスクである可能性が高いが、結果もローリターンでしかないと・・・。
100万円の貯金が5年後、10年後に120万円になっても何か良いことが起こるのでしょうか。
(高級旅館に家族で泊まりに行けますが)


我々の求める「本当の答え」は、大企業の雇われ経営者が語る書籍や一般に宣伝されている投資手法にはないと感じます。

手軽なもの耳にやさしいものに「金鉱」は隠れていないと思います。


ではどこにあるのか??
それは自ら傷だらけになって求めていくか、実は、意外なところに潜んでいるとも感じます。

少なくとも、隣りの田中さんや鈴木さんと同じことをしていても、隣りの田中さん以上にはなり得ないことは間違いありません。


***

☆弊社を顧問、戦略的パートナーにいかがですか。
継続的な投資支援、資産運営の相談。個人投資家から資産家の方へ
http://hasekei.jp/guide/index.html#b01

***

実需から投資まで〜不動産投資顧問、調査、コンサルティング
株式会社長谷川不動産経済社


*******DVD・書籍********


重版決定!
骨太な内容です。売れてます!

愚直でまっとうな不動産投資の本

愚直でまっとうな不動産投資の本

***

不動産へ投資したいけれど具体的に上手くいかないあなたへ

「賢明なる不動産投資術セミナーDVD」発売中
<失敗しない投資戦略とリスクヘッジの手法〜業者へのアプローチの方法>

◎視聴できます↓↓
詳細はこちらへ

***

金融機関や証券会社の方が読んでいる不動産投資の入門書!
「投資とお金と人生の読本」

お金を生み出す家を買いたい!

お金を生み出す家を買いたい!

***

8万部超!(旧版19刷り)、新版第4刷り決定! 合計第23刷りのベストセラー

家を買いたくなったら

家を買いたくなったら

***

講演、セミナー、投資情報等々、最新情報をいち早くお届け
不動産投資情報のメルマガ『賢明なる不動産投資家』

***

Facebook
http://ja-jp.facebook.com/people/Takashi-Hasegawa/100000239998788

***

ツイッター 
http://twitter.com/#!/hasekei8888