新東京邂逅記 by 長谷川高

厳しい時代を生き抜く為の資産防衛と不動産戦略

リスク資産をもたないことがリスクとなる時代へ突入

ご存知の様に昨年12月から日本株が急上昇しています。

この結果、日本株保有している方にとっては早くも資産効果が現れてきています。
例えば株式投資をしている方の割合が多い資産家の方々の不動産売買が去年から活発化してきています。


株取引で儲かったお金を未だ上昇をみせない不動産へ(インフレヘッジの意味合いとキャッシュフローを獲得する為)再投資しています。


ひょっとすると今年は大きな時代の変わり目になるかもしれません。


これまでの約20年は(常にデフレが進んだことにより)何ら投資、運用せず、現金でそのままもっているので良かったと言えば良かったのです。
商品の価格は下がる一方で、かつ円高で輸入品も安く買えました。

逆に株価は(小泉総理時代等の一時期を除いて)下がる一方でしたから下手に投資をして資産を目減りさせた方も多かったのではないでしょうか。


しかし、安倍総理登場後の所謂「アベノミクス」により状況は大きく転じたかもしれません。


今後、更に円安になるとすれば、輸出企業は業績を回復し日本全体としても株高にはなるでしょう。


しかし、原材料の輸入価格は上昇します。
ガソリンだけでなく灯油や軽油、電気代も上昇するでしょう。
ガソリンが上昇すれば輸送費も上昇です。
そして、ありとあらゆる石油精製品の価格上昇も避けられません。

また米以外の食料の多くを輸入に頼っている日本ですから、大豆(味噌、醤油)小麦(パン)等の我々が普段口にしている食品価格の多くは上昇していくでしょう。

更に本当にインフレになればこれに輪を掛けて価格は上昇していくかもしれません。


また緩やかでもデフレからインフレになれば、住宅ローン金利や企業の借入金利は当然ながら上昇していきます。


今後、(デフレの時代とは逆に)「円」をただそのまま保有しているだけでは徐々にジリ貧になってしまう方が増えるかもしれません。


上記のマイナス面を補うには、「円」という現金を何らかのリスク資産へ投資し運用することが必要になってくる時代かもしれません。


それは何でしょうか。
ドル預金、米国株投資、新興国株投資、海外不動産投資、国内不動産投資・・・。


今後、急激に来るかもしれないインフレ、輸入原材料価格上昇、金利上昇、円の価値の下落に皆さんはどう準備、対応されますか?


今年を境に、
「投資をしないリスク」
「リスク資産をもたないリスク」
「現金だけを保有するリスク」
が徐々に顕在化していくかもしれません。


そうなりますと、投資、運用のリテラシーや能力の有る無しによって将来の生活に相当差がついてしまう時代に突入するかもしれません。



***

上記の様な時代、如何に生活を防衛していくか?
下記の自社主催セミナーでも言及してみたいと思います。

◎1月30日(水曜日)19時から
「愚直でまっとうな不動産投資セミナー」
開催日まで後15日と迫りました。残り空席若干名です
ご参加お待ちしております↓↓
http://d.hatena.ne.jp/digicon/20130105


***

実需から投資まで〜不動産投資顧問、調査、コンサルティング
株式会社長谷川不動産経済社


*******DVD・書籍********


重版決定!
骨太な内容です。

愚直でまっとうな不動産投資の本

愚直でまっとうな不動産投資の本

***

不動産へ投資したいけれど具体的に上手くいかないあなたへ

「賢明なる不動産投資術セミナーDVD」発売中
失敗しない投資戦略とリスクヘッジの手法〜業者へのアプローチの方法

◎視聴できます↓↓
詳細はこちらへ

***

金融機関や証券会社の方が読んでいる不動産投資の入門書!
「投資とお金と人生の読本」

お金を生み出す家を買いたい!

お金を生み出す家を買いたい!

***

8万部超!(旧版19刷り)、新版第4刷り決定! 合計第23刷りのベストセラー

家を買いたくなったら

家を買いたくなったら

***

講演、セミナー、投資情報等々、最新情報をいち早くお届け
不動産投資情報のメルマガ『賢明なる不動産投資家』