新東京邂逅記 by 長谷川高

厳しい時代を生き抜く為の資産防衛と不動産戦略

ご同輩諸君、健康にこそ投資しましょう。


先日、私が以前所属していた会社の同期の友人が執行役員になったお祝い会がありました。
10名程の会でしたが参加者は私も含めほぼ同世代、所謂バブル世代でした。

私は会が終わって別れ際、友人に「おめでとう!でも無理しないように、死なないように!」と伝えました。
今思えば縁起でもない言葉ですが、半分は本音で伝えました。


最近我々の世代で同窓会が頻繁に開かれているようですが、周りの方から同じ類の話しをよくを聞きます。
それは「けっこう同級生が亡くなっていて、割合で言うと1クラスで一人ぐらい亡くなっている」というものです。
当時は1クラスおおよそ45名ですから45分の1の確率で亡くなっているのです。
恐ろしいことです。


あともう一つ加えるならば、私の父もちょうど今の私の歳で亡くなりました。
突然死でした。


40歳を過ぎた頃、ある大先輩の誕生日会に出席した時、偶然隣りの席に座った、これまた大先輩の海運会社の代表の方に
「長谷川君!仕事ばかりではダメだよ!40歳過ぎたら自分に投資しないとダメだよ!」
といきなり話し掛けられました。私が不思議そうな顔をしていると
「健康に投資しないとダメだよ。僕なんか指圧に年間100万円使っているよ。もう20年以上経つけどね」
「え〜20年で2,000万円ですか?」
「そうなるよね。銀行の支店長の時に原因不明の頭痛に悩まされて、ほうぼう通ったけれど治らなくて、やっと今も通っている先生を見つけてね・・・」と。


その方を見習って、私もその時以来けっこうジムに通ったり、整体に通ったりしました。
それなりに投資?してきましたが、今は多少なりとも減量してどうにか健康を維持?しています。
最近では1時間2,800円!という中国人経営のマッサージ店に時々通っています。
(ちなみに2,800円の店なら週に1回、年間52回行っても約14.5万円です)


鉄杭の
福建青年の指
肩に入る


これは、その店で「う〜〜〜」と唸りながら詠んだ自由律俳句です。
担当の青年は、腕は全くダメなのですが、唯一力は凄いのです(笑)


皆様も自分への投資、健康への投資をお忘れなく。


長谷川不動産経済社


***


はじめての不動産投資

はじめての不動産投資