新東京邂逅記 by 長谷川高

厳しい時代を生き抜く為の資産防衛と不動産戦略

連帯保証を取らない米国がつくったトランプ大統領


米国大統領トランプ氏をどのように理解すれば良いのか、世界中のインテリ層が困っているようです。
これまでの発言が、本気なのか、脅しなのか、口先だけなのか・・・。


そんな中で橘玲氏のブログは実に興味深い。

http://www.tachibana-akira.com/2017/01/7446
「ヤクザのビジネスでは、かならずしも発言(恐喝)と行動(犯罪)を一致させる必要はありません。そんなことをすれば、組員の大半は刑務所に入ってしまうからです。しかしその一方で、相手に口先だけだとバレてしまえば、いくら脅してもなんの効果もないでしょう。
そこでヤクザが利用するのが「不確実性」です。99%の確率でなにも起こらないが、1%の確率で殺されるかもしれないと思えば、生命はひとつしかないのですから、要求されたお金を払うのが合理的な判断になります。このようにしてヤクザは、暴力の行使による損失を最小限にしつつ、最大の恐喝効果を実現することができるのです。」


ヤクザのその手法をトランプ氏がとっているといった内容です。
しかし、私は、トランプ氏が恣意的にそういった戦略?をとっているのではないと感じます。


つまり彼は、全く戦略などなく、ただの天然なのだと。
彼は、単純に暴君であった子供時代のまま、つまり懲りないまま大人になった人間だと感じます。
(同大統領が少年時代に気に入らない女教師を殴ったという話しは有名です)
おそらく子供の頃から今まで直情的に言いたいことを言って、かつやりたいことをやって来た、それが7割か8割程度(幸運にも)彼の思うように実現してきた「めでたい人間」なのではないかと感じます。


その証拠にこれまで3回だか4回も会社を破綻させておきながら、未だに巨大ビルや邸宅をもった大金持ちなのですから。
だから彼には「本当の挫折」がない、70歳を過ぎても少年時代のままの「暴君的懲りない少年」なのだと。


日本にも、また不動産業界にもこういった人物が時々存在しました。


しかし、日本では皆、そういった方はいつの間にか表舞台から去りました。


何故ならば、日本では会社の代表個人による連帯保証制度が実に充実?しているので複数回会社を破綻しても復活し、懲りない者を誕生させる土壌など(ある意味残念ながら)ないからです。


よってトランプ大統領という人物は会社の代表個人の連帯保証を取らない(プロジェクトファイナンスが発展した)米国故に生まれた大統領であると強く感じます。


結局のところトランプ大統領誕生によって発生した不確実性は未だ高いままだと感じるのです。



***

不動産、不動産投資の全般のご相談は下記へ
長谷川不動産経済社