新東京邂逅記 by 長谷川高

厳しい時代を生き抜く為の資産防衛と不動産戦略

逆張りというより、それ以外の選択が無かった頃

f:id:digicon:20190310103028j:plain

 

小学校低学年、野球が好きだったが、下手だった。

試合に出ても「お前がいたから負けた」と言われた。

地域で一番のチームに入りたかったが、当然お声がかからなかった。

そのチームの野球帽を被りたかった。

そのチームに選ばれなかった者は皆ジャイアンツの野球帽を被っていた。

野球が全盛だった。サッカー少年は私の学年には一人もいなかた。

私も仕方く、ジャイアンツの帽子を被ろうかと思ったが、どうしても抵抗があった。

その他大勢に入りたくなかった。

そこで、私は横浜大洋ホエールズの帽子を買った。

オレンジと黄緑色の派手な帽子だった。全校生徒1,000人を超えるマンモス校だったが、誰一人被っている者はいなかった。

屈辱感を紛らわすにはそれしかなかった。

その帽子を被って、私はバットを毎晩振った。

 

gendai.ismedia.jp

 

長谷川不動産経済社


新刊「厳しい時代を生き抜くための逆張り的投資術」
https://goo.gl/gRBpC4