新東京邂逅記 by 長谷川高

厳しい時代を生き抜く為の資産防衛と不動産戦略

エイベックス、電通の本社ビル売却は赤字補填の為だけではない

*下記コラムは先日、日刊ゲンダイへ寄稿したものです。

 

「エイベックス、電通の本社ビル売却は赤字補填の為だけではない」

〜時代が変わったことに気が付いた先端経営者の決断〜

 

今から十数年程前、私の事務所が建て替え前のエイベックスビル本社(東京港区南青山)の隣地にありました。

ある日、仕事をしていると生演奏が聴こえてきました。

ビル前のスペースを利用したミニ屋外コンサートでした。デビュー間もないジェイク・シマブクロジョージ・ハリスンのホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープスを弾いていました。

 

東京郊外の町田市で輸入レコードの卸販売会社からスタートしたエイベックスが大企業に成長し、青山のビルを住友生命から購入し本社にしていました。

頂点に登り詰めたレコード会社に相応しい場所だと思いました。

 

その後、エイベックスは、私の事務所が入居していたビルも買収し、その地域一帯を再開発し、現在の素晴らしいビルに建て替えました。

 

ところが、今回そのビルを売却するというのです。

ビルが完成してまだ3年です。最初にそのニュースを聞いた当初は、なんとも勿体ないと思いました。

私自身、サラリーマン時代にリクルートグループでビル用地の仕入れをしていた経験からも、立地、規模、外観等々全てにおいて最上級のビルだと思うからです。当然ながら既に買主として外資系ファンドが手をあげているそうです。

エイベックスは、本社を売却した後も借家人としてしばらく入居し続けるということです。

 

また、電通中央区汐留にある本社ビルを売却するといったニュースも入ってきました。

電通のビルは、国鉄清算する時の巨額な赤字の補填にと売りに出された旧国鉄汐留駅跡地の一部に建っています。こちらは超高層オフィスビルであり、やはり東京の中でも一等地中に一等地です。

 

エイベックスも電通も今期はこのコロナ禍で赤字決算となり、その赤字の補填為の売却であると報道されています。エイベックスは音楽興行がこのコロナ禍で開催できないことが事業に大きな打撃を与えたわけですが、電通は海外事業の清算を含め広告収入の大幅な減収となるようです。

 

f:id:digicon:20180805173013j:plain

 

しかし、私には、それ以外にも大きな理由があるように思います。

 

電通などは、本社ビルを売却した後、その「半分」を賃借し続けるということです。しかし、これは今回のコロナ禍によって起こった「大きな変革」にいち早く適応していこうということではないかと。

 

つまり、これまで皆が皆一箇所に集まって行ってきた業務を大規模なテレワーク実験を実施したところ、業務やその効率に影響が無かったことが判明し、結果、都心の一等地に高い固定資産税や巨額の維持管理費を払い続けることに合理性が見出せなくなってきたのではないでしょうか。

電通は本社譲渡後に従来の半分程度しか使用しないという事実がそれを物語っていると思います。

 

更に言えば、ある意味時代の先端を走る彼ら故に、もはや、東京の都心の超一等地に自社ビルを所有するといった合理性や価値、ステイタスが前時代のものになったことに気がついたのかもしれません。

 

もう一点、敏腕経営者故に「売却するなら今が最高値かもしれない」とふんだのではないでしょうか。

 

新型コロナの発生によって「時代」が変わったことを正に時代の先端を走ってきた経営者故に感じ得たのかもしれません。

 

 長谷川不動産経済社

 

「不動産2.0」発売中

Amazon → http://u0u1.net/v6bg