新東京邂逅記 by 長谷川高

厳しい時代を生き抜く為の資産防衛と不動産戦略

株主総会

本日、コスモスイニシア株主総会に行ってきました。
業績は順調なようで・・・・。
何ら混乱も無く、終了しました。
個人的には、配当が復活したことが嬉しいことでは、
あります。
経営方針として、「守りの野球」とでも言うのでしょうか、
今後も、「更なる財務体質の強化」ということに主眼を
置いているのだなと感じました。
市況がどのように変化しても耐えうる体質にするという
ことでしょうか。
「今後も行け行けどんどん」ではない、渋い総会ででした。
*******************
実は、最近の不動産業界ですが、潮目は少し変わりました。
既に業者間での取引では、高止まりしていた不動産価格が
下がってきたというお話しをいたる所で聞きます。
「最近は、待っていると、向こうから価格が下がってくるよ」
と。
物件によっては「このまま保有していても、売れないなら、
利益削ってでも売ってしまおう」という判断をされる業者
さんがぽつぽつ出てきました。
賢明な判断だと思います。
*******************
大手企業程、色々な生の情報が集まるものです。
不動産業界も大手程舵を切るのが早いものです。
ちなみに、バブル崩壊時に、一番早く舵を180度逆に切った
のは、業界最大手三井不動産でした。
====================

  • 不動産を買う前にご一読を!家の購入のための知恵の書

【家を買いたくなったら】WAVE出版、長谷川高

【デジタル不動産コンサルタント】