新東京邂逅記 by 長谷川高

厳しい時代を生き抜く為の資産防衛と不動産戦略

マンション

30年前購入した不動産が6分の1の価格になり、10年前に買った不動産は大幅に値上がりした単純な理由

AERAの電子版を読んでいましたら、元朝日新聞の記者、稲垣えみ子さんのコラムが目にとまりました。 「まもなく訪れる老後ライフ目前に家を売却したワケ」です。 https://dot.asahi.com/aera/2020112700024.html?page=1 同氏が30年前の買った物件を最近6分の…

マンション契約率70%を下回る 

先日の日経産業新聞に以下の記事が掲載されていました。 不動産経済研究所(東京・新宿)は15日、10月の首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)のマンション市場動向調査を発表した。新規発売戸数は前年同月比9.1%減の5731戸と2カ月連続で前年実績を割り込ん…

フージャーズ日経金融インタビュー記事

本日の日経金融新聞にフージャーズコーポレーション広岡社長 のインタビュー記事が載っていました。 フージャーズは、一部上場マンション専業デベロッパーで、 特に埼玉、千葉を中心とする一次所得者(初めてマンションを 購入する層)向けに物件を供給して…

広尾ガーデンフォレストの気になる売れ行き

「又と出ない立地の物件」という言葉は販売現場でよく 使われます。 しかし、この言葉通りに本当に又と出ない物件は、 そう多くは、ありません。 この広尾ガーデンフォレストの立地は、 「広尾ガーデンヒルズ」の隣接の広大な土地ですから 私自身、「これは…

中古マンション購入時のチェックポイント

最近、弊社お客様でも中古マンションに対する調査依頼が 増加しています。 姉歯事件以来のマンションに対する不安は、増しているよう です。 特に築年数の古いマンションは、価格的に魅力ですが、 安い分幾つかの問題を抱えているものです。 (人間も歳を取…

「○○マンション堂々完成」に隠させた意味

新聞紙上のマンションの広告で「堂々完成」 という言葉を時々見かけます。 一般の方はこの「堂々完成」という言葉を見 てどういう印象をもつでしょうか。 我々業界の人間は、 「ああ、建物が完成してしまったのに、 まだ残戸を抱えているのだな〜」 とか、 …

果たして新価格で売れるのか?

ご無沙汰しております。 最近、デベロッパーの担当者の方とお話しする機会 が多いのですが、いわゆる郊外の「新価格マンション」 が相当苦戦しているようです。ここ数年、マンション用地が高騰しました。 バブル崩壊による企業の寮・運動場等々の資産リスト…

中古マンション、安いにはそれなりの理由が。

私は、数年前に自動車修理会社を経営している旧友の紹介で、 市場価格の半分、約100万円で外車の中古車を購入することが できました。 もう話しを頂いた時は、ウハウハで、現金とお礼のビール 1ケースをもって物件を押さえに青梅まで即日向かいました。 そ…

都市再生機構は解体した方がよい。

昨日、独立行政法人・都市再生機構(旧都市基盤整備公団) が分譲した東京都八王子市のマンションの耐震強度不足が 指摘されていた問題で、同機構は11日、耐震強度が機構 の設計基準の71%しかなかったと発表し陳謝しました。 この件では、以前ブログで…

耐震検査とその補強、アスベスト問題

平成18年4月の法律改正により、中古住宅の売買仲介において、 仲介業者は、買主に対し その建物が耐震検査をなされているかどうか。 耐震補強がなされているかどうか。 アスベストが使用されている建物か検査したかどうか。 アスベストが使用されているかど…