新東京邂逅記 by 長谷川高

厳しい時代を生き抜く為の資産防衛と不動産戦略

赤坂は変わるのか?

本日は、取引先数社と行っている港区の再開発事業
の打合せを行いました。
帰りに赤坂駅周辺を通りましたがTBSの再開発は確実
に赤坂の町の流れを変えたようです。
TBSの再開発ビルには博報堂博報堂DYグループが
丸々入居しています。
ちょうど夕刻でしたのでこのビルから多くの従業員
が出てきました。
このTBSの再開発によって少なくとも就労人口が増
えたようです。
夜の街も賑わいタクシーで道は渋滞していました。
元来赤坂の商業店舗はネームバリューや賃料に比べて
売上があまり上がりませんでした。
これは人の流れ、特に土日の人の数が極端に落ちる
ことに起因します。
このような状況の中で日本の店が減り、韓国系の
料理店が増え、いつの間にか赤坂の半分はコリアン
タウンとなりました。そのコリアンタウンもBSE問題
以降元気がありませんでした。
しかし、この赤坂サカスの開業および大手企業の
移転、更に今後は周辺の高層分譲マンションの完成
し更に新住民も増加していきます。
赤坂も青山、六本木並みの常に人で賑わう街に変貌
するかもしれません。
ある意味、不動産投資の観点から見ると、下落傾向に
ある価格と、再開発によって本来の価値が合致する
エリアになるかもしれません。
長谷川高(デジタル不動産コンサルタントLTD.)