新東京邂逅記 by 長谷川高

厳しい時代を生き抜く為の資産防衛と不動産戦略

婚活と投資活動の共通点

私は、必ず(不動産)投資をしたいという方に会うと「何故投資したいと思うのか?」と冒頭に聞くようにしています。

ある若い方(男性)の答えが今風で興味深かったのでご紹介します。
その方の動機は「仲の良い友人が嫁さんをもらい、それが羨ましくて、私は投資したいと思うようになりました・・・」と??

更にこの方の話を要約すると、
「職場の仲の良い友人が結婚した。そのお嫁さんが派遣社員で毎月約10万円程度稼いでくる。友人曰く『二人で生活を始めたら、家賃や光熱費その他2倍掛かると思ったら、一人暮らしの時とそれ程変わらなかった。よってお嫁さんの毎月の稼ぎ月10万円が非常に有り難く、生活が豊かになった』と。この話しを聞いて友人が羨ましくなった。自分は当分結婚できそうにないので、お嫁さんの代わりに毎月10万円程度稼いでくれる物件への投資を考えている。」と。
初めて聞いた、「嫁」の代わりに「不動産」という実にユニークな視点?からの動機だったのですが、翻って、女性の立場から考えると「婚活」という行為も「投資」行為と実に多くの共通点が?とふと思ったのです。


女性が婚活する上で男性を選ぶ基準は様々あるでしょうが、(顔や身長や性格以外に)やはり勤めている「会社のブランド」とか「年収」といったことが重要になってくるかと思います。
「男性の勤務先が大手有名企業であれば、毎月のインカムは将来に渡り安定している」と素人でも容易に想像できます。
(この辺の「有名企業」の将来性が実は近年益々怪しくなってきている現状はありますが、一般論で)


立地としてブランドがある土地にあり将来に渡り確実にインカムを生む物件は、不動産投資においても引く手あまたです。
よって、実際のマーケットでは、相当な資金力がある方でないと現実的には投資が難しくなってきている現状があります。

「資金力があまりないが、どうしてもインカムを重視したい」という方は、一般的に超人気エリアは避け、「一般的にはあまり知られていないが将来有望な立地」にある物件を探す方法を取る方も多いのです。

しかし、この「将来有望かどうか」という判断が実に難しいのです。

人口が減少する日本において「総論駄目だ」と海外で婚活ではなく投資をしようとする動きもあります。
何か、ここまで書いていてやはり似ているな・・・・。「婚活」と「投資」
そうなると、注意点(リスクヘッジの手法)にも幾つかの共通点があるかと。



1)「立地(職)があまり良くないのに不思議とインカム(年収)が高い物件(人)には注意」


不動産の世界では当たり前なのですが、投資の成否が分るには若干長い時間がかかります。
(恐ろしいことに結婚も同じでしょうか・・・・)
一時的にインカムが良い物件に惑わされてはいけません。
3年後には、空室率上昇と家賃低下で収入50%ダウンということもよく起こり得ます。
(では、どうやって見抜くか?不動産なら徹底的な調査でしょうが、対象が人間なら、その人がもっている「人柄」と「生きる力」をみるしか術がないような・・・。)



2)「見掛けだけに惑わされてはいけない」


不動産において、外壁も内装もお金を掛ければ美観的には相当ハンサムになります。
特に中古マンションの内装などは300万円程度掛ければ、30歳は若返ります。バスもトイレもキッチンも床も・・・。
しかし、給排水管やガス管が劣化していても素人目には分りません。
肝心な所は目に見えない場合が多いのです。

去年、雨が降ると床に水溜りができる築35年のあるマンションを見ました。
外壁に亀裂が出来て雨漏りしているのです。
そのマンションも300万円程度掛ければ、見た目だけは相当ハンサムに仕上がります。



3)「投資は前のめりになった時、失敗するリスクが高まる」


これは、例えば「何時までには必ず投資するぞ!」と自分に誓い、焦って投資した場合、投資不適格物件を買ってしまうことが実に多いのです。
良い物件と巡り会うのは一に「努力」ですが、二に「運」が必要です。そしてこの「運」は他人がもってきてくれることが多いのです。
よって期限を自分で決めて焦って投資してよいことはないかと・・。
(これも、どこか似ているような〜。)



4)「迷った時は休む」


周りの雰囲気や状況に押されて、それ程でもない物件を高値掴みしてしまうことはできれば避けたいものです。よって「迷った時は、一旦休む」
しかし、投資の世界でもこれがけっこう難しいのです。一旦休んで一息入れて仕切り直すというのが。
(これも相通じるような・・・。)



5)「結局資金力がものを言うのか?」


投資の世界では、「結局(お金持ちの所に情報が集まり)お金持ちだけがどんどん豊かになっていく」といったことがよく言われます。60%は当たっていると思います。


情報の問題だけではありません。お金持ちは、もうお金が十分あるので「待てる」のです。そして「これぞ!」といった時(つまり不動産価格が下落し、普段は買えない良い物件が目の前に現れた時に)投資するのです。
それ以外の時はどうしているのか?彼らは猛烈に勉強し、自己投資しています。


更に言うと、彼らの様に資金力をアップするには、本業で自分の価値を高め、収入を上げるしかありません。それには、当たり前ですが、本業に人一倍励み、それにプラスになるようなあらゆる自己投資をするしか方法がありません。


婚活においても、(私は専門家ではありませんが)自己投資して自分の価値を高めるのが一番早道のように感じるのですが・・・。


実需から投資まで〜不動産投資顧問、調査、コンサルティング
株式会社長谷川不動産経済社


***書籍・DVD***

新刊「愚直でまっとうな不動産投資の本」
DVD「賢明なる不動産投資術セミナー」発売中!
増刷中!「お金を生み出す家を買いたい!」
「家を買いたくなったら」第19刷、5万部突破!

***

ツイッター http://twitter.com/hasekei8888#