新東京邂逅記 by 長谷川高

厳しい時代を生き抜く為の資産防衛と不動産戦略

お金の教育


以前あるお寺に行った時にデジカメで取った画像です。

お金の使い方というのは、歳を取るにしたがって難しい
な〜と思うようになりました。
仕事関係でのお金のやり取りは「契約」に伴って行い
ますし、取り引き先は、僭越ながら相当選んでお付き
合いしますから、これまでトラブルが起こったことは
ありません。
しかし、プライベートの範囲でのお金の使い方は、
なかなか難しいと・・・。
実際、我々日本人は、「お金の教育」というものをど
こでも受けていない訳ですから、なんとなく親や先輩
から言われてことを守っているというレベルではないで
しょうか。
後は、正に「他人のふり見て・・・」の実践というぐら
いでしょうか。
私は、実家に帰る度に、つい数年前まで、必ず母親に
「変なところからお金を借りていない?」
とよく聞かれました(笑)
まったくもって信用がないようでした。
私もある意味コンサルタントという「商人」であるならば、
それなりの覚悟と計画をもってお金について考える必要が
あるのです。

そんな時に、この「書」を見ました。
衣食住など必要なものに使うお金を除けば、
その他は、「死に金」と「生き金」があるのかもしれん
せんが・・・。
会社で言えば有効な先行投資は間違いなく「生き金」です
が、個人で新宿や麻布十番のはずれで無目的に飲む酒代は、
果たして「何金」なのでしょうか?