新東京邂逅記 by 長谷川高

厳しい時代を生き抜く為の資産防衛と不動産戦略

「風向きが変わった」

以前より、不動産マーケットの市況が変わってきたと
いうお話はさせて頂いていますが、それを実感する
ことが幾つか起きております。

  • 突然「売却依頼物件」が知らない業者からFAXが来る。

本来所有不動産の売却依頼は、密かに、知っている会社
へ依頼するのが普通です。
「出回る」物件になることを避けるためです。
早期の売却を急いでいる様子が伺えます。
(関西方面では、更にこの状況は顕著です。)

  • リートの価格が調整してきました。

去年より一本調子で上がり続けてきたリートの価格が
こののところ大きく調整してきています。
買いの一方的な優勢から、売り優勢の状況です。
「賢明なる投資家」(これが金融機関なのか、個人なのか、
外資ファンドなのかは別にしまして)
は、金利の上昇や、地価や賃料のこれ以上の上昇をの困難
さを見極めたのか、「売り」にまわっています。
さて、これからどうなるのでしょうか?
資産インフレは、これからという声もありますが、
都内の人気住宅地や、一等地の商業地は、収益還元価格
で説明がつく価格帯まで、調整するのではにかと
思います。
ここ数年、転売で利益を出してきた「不動産流動化」という
名のビジネスをもう曲がり角を回っているようです。
ババを掴んだ者は、何時か来た道を辿ることになるでしょう。
個人の方は、こういった過渡期には冷静に判断するのが
賢明ですよ。