新東京邂逅記 by 長谷川高

厳しい時代を生き抜く為の資産防衛と不動産戦略

不動産と音楽

最近ある方が、このブログを見て、
「相当音楽が好きなのですか?」
と。
不動産のことは全く聞かれず、
つい核心を突くようなことを聞かれ
焦ってしまいました。
そうなのです。どちらが好きかと言えば、
好きなのは音楽です(笑)。
私は、建築学科を出た訳ではないので
特に建物に興味があるわけでもなく、
個人的に土地を沢山所有したいとも思いません。
よって、常に冷静に第三者的な判断ができるのだとも
思います。
金融経済には、興味があります。
ですので、不動産と金融が融合してくれて
新たに、というか再び興味が沸いてきて
良かったと思います。
金融商品としての不動産というのでしょうか、
今現在は不動産ファイナンスに興味があります。
もちろん、こちらは、アマチュアとしてではなく
プロとしてですが。
音楽は、アマチュアとしてやはり好きですね〜。
ですので、時々、このブログでもご紹介しています。

さて、今日は(笑)、ダッタン人の踊りです。
小澤バージョン

オペラバージョン
です。
この曲、JR東海が最近CMで使ってますのでご存知
の方も多いのでは?
なんか、旅情をそそる曲ですよね。
ダッタンとは、タタールのことで、現在のモンゴルか
西域辺りのことを指すそうです。
皆さん、この曲を聴きながら夏休みの計画を立ててみて
はいかがでしょうか?
しかし、全く金融とも不動産とも関係ないな〜。
長谷川高(デジタル不動産コンサルタントLTD.)