新東京邂逅記 by 長谷川高

厳しい時代を生き抜く為の資産防衛と不動産戦略

逆張り投資

米国株も日本株もなかなか底がまだ見えませんね。
不動産市況も同様です。
米国株、特に金融株が今後も過度に下がるようであれば、
購入しても良いかなと思っています。
米国経済も金融大手もやはり「腐っても鯛」、
鯛どころか、世界一の経済大国は、簡単には
瓦解したいと思います。
その準備のため、米国株を取引できるネット証券
に口座開設の申請を既に済ませました。
これまでのそれ程長くない私の経験でも
やはり「逆張り」以外に投資に大きく成功した体験は
あまりありません。
人気企業を高値で買って、一時的に益を出した
ことはありますが・・・。
あくまでも一時的で終わりました(苦笑)。
**********
不動産投資においても、「逆張り」、つまり
誰も怖くて投資しできない時こそ、
(その中で物件を厳選することは、不可欠ですが)
大勢の逆を行き、投資を行うことは、
良い成果を生む可能性が高いとも言えます。
あの「金持ち父さん、貧乏父さん」のロバート・キヨサキ
も結局成功?した最大の理由は、「逆張り
だったと想像できます。
(何故なら、それ以外の特別なノウハウがどの書籍に特に書かれて
いないように、私には思えるのですが、笑・・・・)
今が大底がどうかは、まだまだ分りませんが、
かなり興味を引く案件が市場に出てきていると
思います。
お客様に代わりに弊社が調査をしている物件の中にも
最近は、なかなか良い物件が出てきました。
プロの業者さんには、今現在金融機関はお金を
貸しませんので、プレイヤーが明らかに少ないのです。
そういった意味でもチャンス到来です。
しかし、それでも個々の物件の厳選は不可欠ですが。

長谷川高(デジタル不動産コンサルタントLTD.)