新東京邂逅記 by 長谷川高

厳しい時代を生き抜く為の資産防衛と不動産戦略

元女子アナだけでない、「好事魔多し」は投資もビジネスもスポーツも皆同じ


「全てのものはサイクルを描く」

これは私が40歳を過ぎてからよく使っている言葉です。又は信条とも言えます。


子供の頃から「凄く良いことがあったら必ず次はよくないことが起きる。何故なのだろう?」と何時も思っていました。
(他人も自分と同じ感覚をもっていると思ったらどうやら違うらしい)


特に少年野球において顕著でした。
大量得点を取った次の回に絶好調だった味方のピッチャーが急に四球を出し続け乱れる。
10点以上の点差を付けて勝った試合の次の試合は簡単に勝てると思った相手にやはりよく大差で負けた。
サヨナラホームランを打った日の帰り道にはよく自転車ごとドブにはまり怪我をした。
「何で何時もこうなるのだろう??」と。



僕が「投資行為」に魅力を感じる点は幾つもありますが、「投資行為」それ自体が僕のこれまで経験してきた「スポーツ」や「ビジネス」、はたまた「人生」と実に多くの共通点があるということです。
つまり「投資」を深く学び経験することが、他のことに大きく役立つことが多いのです。



例えば投資で上手くいっている時程、リスクが上昇していると思うべきなのですが、そうはいかないのが人間です。
急に脇が甘くなって、暴投を始めるのです。
上手く行き過ぎて、自分に(例えば投資の)「才能があるな〜」と思った時には相当危険な領域に入っています。


ご存知の様に昨年末からの日本株が上昇していますが、既に保有している投資家にとってこれが何時まで続くのか、これを冷静に判断することは非常に難しいことです。

誰もが数年は続いてほしいという思いだろうし、日経平均も2万円ぐらいはいってほしいと。
(勿論、私も強くそう思います)


しかし、そうはなかなかいかないのです。


元女子アナの方が先日、不幸にも死者を出す交通事故を起こしてしまいました。
自動車を運転する方は誰もが他人事ではないと感じたと思います。


私は彼女のことは殆ど知りません。

しかり、一般の者からみれば、これまで極めて華やかな人生だったと思います。
私は何の霊能力も占いもできませんが、若干以前から不穏なものを感じていました。
何故なら、あまりにも華麗で尚かつためらい無くそれを露出していたからです。
露出するのがいけないと言っているのではないのです。
彼女が彼女自身で彼女の華麗なる人生をどこかで「調整」することをした方が良かったように思うのです。



スポーツでもビジネスでも投資でも「ああ!今、自分は絶好調だな!!」と客観的に感じたら、何らかのリスクが高まってきた感じることができるかです。

そこでどうにか自分を「制御」・「抑制」・「調整」できるかです。


これがなかなかできないのが「人間」であり「投資家」なのですが・・・。


PS.交通事故に関しては本当に他人事ではないと感じています。
もしよろしければこちらのエッセイも参考になさって下さい。
http://d.hatena.ne.jp/digicon/20120423



***

実需から投資まで〜不動産投資顧問、調査、コンサルティング
株式会社長谷川不動産経済社


*******DVD・書籍********


重版決定!
骨太な内容です。売れてます!

愚直でまっとうな不動産投資の本

愚直でまっとうな不動産投資の本

***

不動産へ投資したいけれど具体的に上手くいかないあなたへ

「賢明なる不動産投資術セミナーDVD」発売中
失敗しない投資戦略とリスクヘッジの手法〜業者へのアプローチの方法

◎視聴できます↓↓
詳細はこちらへ

***

金融機関や証券会社の方が読んでいる不動産投資の入門書!
「投資とお金と人生の読本」

お金を生み出す家を買いたい!

お金を生み出す家を買いたい!

***

8万部超!(旧版19刷り)、新版第4刷り決定! 合計第23刷りのベストセラー

家を買いたくなったら

家を買いたくなったら

***

講演、セミナー、投資情報等々、最新情報をいち早くお届け
不動産投資情報のメルマガ『賢明なる不動産投資家』