新東京邂逅記 by 長谷川高

厳しい時代を生き抜く為の資産防衛と不動産戦略

安愚楽牧場の広告宣伝を見て感じること

私の手元に安愚楽牧場なる会社の投資家募集広告があります。

被害者の皆様には言葉がありませんが・・・。
雑誌の記事広告を改めて読んでみました。カラー見開きの折込の葉書付き広告です。

「黒毛和牛のオーナーになって安定したリターンをゲット!」
「ローリスクとアクティブ投資のいいとこどりをした・・・」
といったコピーが書いてあります。
3年投資すると毎年約10%の利回りとのことです。

会社の毎期の決算内容他、本質的に会社や事業の信頼性を証明する説明はどこにも記載されていません。

このブログの読者でまさか黒毛和牛に投資した人はいないと思いますが・・・・


さらっと一読しての感想ですが、

  • 本当に人気のある投資商品は、広告を打たなくとも人が集まるもの。莫大な広告費を掛けて売る投資商品に古今東西ろくなものはない。
  • 確実に毎年10%の利益を出せるのなら、莫大な広告宣伝で投資家など集めず、低利で銀行から融資してもらい利益を自分の会社で独占すればよい。それとも経営者は実はとてもよい人でうまい話を皆で分かち合おうとしたのか???(そんな訳がない)
  • 畜産業がそんなに儲かるなら、他の農家も皆転業して畜産業を始め、全国いたる所に「黒毛和牛御殿」が建っているはずだが、そんな話しもニュースも聞いたことがない。
  • そもそも以前も同様の黒毛和牛への投資商法があり破綻したケースがあったと思うのだが・・・。


しかし、連日のニュースが伝える被害総額の大きさには驚きです。


なんで、こんな投資商品?にひっかかるのか?私にはそもそも論疑問です。
よっぽど営業マンがある意味熱心で優秀であったのでしょうが・・・。

こういったことが今後も繰り返されるのなら
文部科学省は、高校生対象にでも、最低レベルの「投資教育」といいますか「お金の教育」のカリキュラムを入れた方が良いかと思いますね。
(私、学生相手なら、自腹でやってもよいですよ・・)

一見してあまりにもお粗末な投資商品であるのに関わらず被害総額が大きすぎることにショックを受けました。


***


実需から投資まで〜不動産投資顧問、調査、コンサルティング
株式会社長谷川不動産経済社


*******DVD・書籍********


「愚直でまっとうな不動産投資の本」(ソフトバンククリエイティブ

虎ノ門八重洲等のビジネス街で特に売れています。ありがとうございます!

アマゾンへ


***


デベロッパーの投資手法を知って投資の失敗を防ぎませんか?

「賢明なる不動産投資術セミナーDVD」発売中
<失敗しない投資戦略とリスクヘッジの手法>

◎視聴できます↓↓
詳細はこちらへ


***


金融機関や証券会社の方が読んでいる真っ当な投資本!
「投資とお金と人生の読本」
新刊「お金を生み出す家を買いたい!」(WAVE出版)

→アマゾン


***
あの5万部、19刷りのベストセラー本の
最新版「家を買いたくなったら」

アマゾンへ
***************
『不動産投資情報のメルマガ』

***

ツイッター」時々つぶやいています。
http://twitter.com/#!/hasekei8888

***

●相互リンクしませんか?●