新東京邂逅記 by 長谷川高

厳しい時代を生き抜く為の資産防衛と不動産戦略

見逃せない9月の天文イベント

もう9月に入ってしまいました。
9月の天文イベントを天文年鑑で調べてみました。
今月は、一般の方が肉眼で楽しめる現象がけっこうありますよ。



9月11日「月と金星と火星の共演」

夕方の西の空、宵の明星が金星です。その近くに月が、相当美しい眺めだと思います。
田舎等の暗い空なら、更に金星の右斜め上に火星も見えます。
オペラグラスか双眼鏡があれば、都会でもこの火星が見えますよ。赤い星が火星です。
夕方、日が沈んだ後の西の空です。


会社帰りのデート時、相手の女性に
「ね〜西の空に宵の明星と月が見えるよ。もう少し空が暗ければ火星も見えるはずなんだけど・・・」
と銀座のみゆき通りを歩きながらつぶやいてみて下さい。相手がプロ方の場合は、
「○○さん、さすが博学ね〜何でも知っているのね」
と返してもらえると思います。素人の場合は多分聞き流されるかと・・・。
しかし、キレイなものはキレイなのでぜひお忘れなく。



9月20日「水星を見るチャンス」

木星、火星、金星は見たことがあるけど、水星は?という方にチャンスです。
一生に一度は地球の惑星仲間でもある水星をみてはいかがかと。
水星は、太陽の一番近い所を回っていますので、明るい太陽が邪魔でなかなか見えにくいのです。

この日は、地球から見た太陽と水星の距離が一番離れている日なのです。
よって、明け方の東の空、日が昇る直前、薄明の頃に挑戦してみてはいかがでしょうか?
水星の光度はマイナス0.4等級ですのでけっこう明るいですが、それでも太陽の近くに位置しますので、東の空が低空まで開けている所でないと見えないと思います。


東京なら高尾山や御岳山、陣馬山から東の空を見たら間違いなく見えるかと。郊外の大きなグラウンドや運動場があれば挑戦してみて下さい。

「俺、今朝さ〜高尾山から水星見て来たよ!」
そんな惑星男子がこれからはモテる時代が来る予感が・・・。
山ガールならぬ天文ガールもよい趣味だと思うのですが・・いかがでしょう。
しかし、天文は天気が悪いとどうにもなりませんのでご注意を。



9月22日「中秋の名月

旧暦での「十五夜」です。
菅だとか、小沢だとか言っていないでこの日だけは、「民主党」ではなく「民酒党」党員として一杯やりながらお月見などいかがでしょう。
本来は縁側でということでしょうが、ゴザと冷えたコップ酒でも皆で買ってどこかの公園で語り合う。いいですね。

どなたかやりませんか?「青山墓地中秋の名月を見る会」。
日比谷公園でもよいですが、笑)




***

実需から投資まで〜不動産投資顧問、調査、コンサルティング
株式会社長谷川不動産経済社

*******DVD・書籍********

デベロッパーの投資手法を知って投資の失敗を防ぎませんか?

「賢明なる不動産投資術セミナーDVD」発売!
<失敗しない投資戦略とリスクヘッジの手法>

詳細はこちらへ

***

賢明な不動産投資家に贈ります。
金融機関や証券会社の方が読んでいる真っ当な投資本!
「投資とお金と人生の読本」
新刊「お金を生み出す家を買いたい!」(WAVE出版)

→アマゾン

***

何と!19刷り決定!!5万部突破 「不動産購入の知恵の書」
(「家」シリーズは累計10万部突破です。ありがとうございます。)

「家を買いたくなったら」長谷川高著 (WAVE出版)

アマゾンへ
***************
『不動産投資情報のメルマガ』

●相互リンクしませんか?●