新東京邂逅記 by 長谷川高

厳しい時代を生き抜く為の資産防衛と不動産戦略

超過熱気味の国内不動産から逃れて

本日の日経新聞の記事です。

オリックス、不動産投融資でアジアなど収益源に」
オリックスは海外で不動産投融資を本格的に始める。
アジア、中東、東欧などが対象で、不動産投資信託
(REIT)の運営や開発事業も手掛ける。国内は
大都市圏を中心に不動産投資が過熱し、国内に集中
しすぎるとリスクを伴うと判断。急成長する海外地
域を新たな収益源にする。
 オリックスの国内での不動産投融資は残高で
2兆4000億円。金融機関では上位にある。1980年代後半
に米国で不動産投融資を手がけたが、その後のバブル
崩壊や金融危機で大幅に縮小。国内に特化してきた。

オリックスと言えば、日本の金融・不動産業界の中で、
最も早く、自らの不良債権も処理し、日本で初めて
外資投資銀行の様に行動し、かつ他企業の不良債権
処理をビジネスにしてきた企業です。
金融と不動産の垣根を無くした最初の日本企業であり、
プロ中のプロ集団と言えると思います。
オリックスと言えでも毎年の成長をマーケットから期待
されている以上、これからも恒常的に、利益を上げていな
かくてはなりません。
本日の上記の記事の真意は、
現状の日本の不動産上昇局面の頂上?においては、今後
更に利益を出す投資を積極的にしていくのは、相当リスク
高いと判断した結果の新たな戦略であると思います。
日本は、やはり少子高齢化は避けられない事実であり、
今後更に景気が良くなったも、日本経済全体発展や国民
需要が他の途上国並に上昇することはもう無い訳です。
国内市場では、世界中で売れているトヨタの車も不振です。
今後の不動産投資は、最も得意ではあるが、リスクの高く
なってしまった国内に頼るのは、無理があるとと判断
されたのだと思います。
***************
我々、個人や一般消費者は、常に利益を出すことを求め
られている訳ではりませんので、無理にバッドを振らず、
得意はエリアで、適正な価値に価格が戻るのを待つ戦略で
よいのではにかと思います。

====================

  • 不動産を買う前にご一読を!家の購入のための知恵の書

【家を買いたくなったら】WAVE出版、長谷川高

【デジタル不動産コンサルタント】