新東京邂逅記 by 長谷川高

厳しい時代を生き抜く為の資産防衛と不動産戦略

サラリーマン生活の醍醐味

昨夜は、元会社の同期の友人に忘年会の席に呼んで頂きました。

非常に楽しい時を過ごさせて頂きました。
こういった時を過ごさせて頂く度に
会社を辞めた当初は、「辞めない方が良かったのでは?」と
自問自答した時もありました(笑)。

サラリーマンとしての濃密な人間関係は、実に貴重です。
これは、辞めて初めて分かります。
人生において仕事を通じて得られる人間関係ほど実は、
豊かなものはありません。

サラリーマンは本当は素晴らしい仕事です。
皆で協力しながら仕事を成功させ皆でその喜びを味わう・・・。
こんな豊かな関係を長期に渡り味わえるのですから。

でも時には、理解できない人事で頭にくることもあるものです。
でも、それは、「後から思えば」、本当にマラソンレースでの
小さなアクシデントのようなものだったと思えるはずです。
ラソンレースでは、目障りだった前や横を走る人が、知らぬ
間に脇腹を抑えて棄権したり、気が付けば別の競技に急に移って
しまったりします。
自分が走り続けることを続ければ、気が付けばトップグループに
入っているものです。

色々な沿道からの邪魔やライバルが走っていても、
コーチや監督と気が合わなくとも、とにかく目の前の坂道
を越えようと走り続ければ、必ず結果は良いものなるはずです。
苦手なコーチも監督も気が付けば自分より早く移籍していたりします。
走り続ける者が最期に残ります。

芳醇な人間関係を味わいながらのマラソンレースこれが、
サラリーマンの醍醐味ではないでしょうか。

皆さん今年ももう少しです。頑張りましょう!