新東京邂逅記 by 長谷川高

厳しい時代を生き抜く為の資産防衛と不動産戦略

中国版不動産向け融資の『総量規制』が始まるのか?

以下、誠に不穏なニュースが入ってきました。

中国の政府系不動産関連紙によると、中国の4大国有銀行はすでに年間の不動産開発向け融資枠を使い果たしており、年内は新たな融資を停止する方針。

 中国住宅都市農村建設省傘下にあるチャイナ・リアルエステート・ビジネス紙が14日、匿名の銀行関係者数人の話として伝えた。

 同紙によると、中国工商銀行の信用部門幹部は「不動産開発業者に対して新たな融資を実行するのは不可能だ。そればかりか、既存の不動産ローンの借り換えも限定される見通しだ。そのため、基本的には今年は不動産融資ができないことになる」と述べた。

 さらに、2011年に実施できる不動産開発業者向け融資も、今年に比べ20%程度削減される見込みだと明らかにした。(ロイター)


これは、まさしく、日本の不動産バブル崩壊の直接的引き金になった「総量規制」ではないかと。


ロイターは、現在のところ「匿名の銀行関係者の話し」と伝えていますが、これが本当であるならば、中国不動産バブルの「終わりの始まり」になる可能性も高いと。


中国政府は、日本のバブル崩壊とその影響をよくよく学習しているはずなので、あくまでもソフトランディングすることを目指すでしょう。
しかし、中国にとっても初めての経験でありますし、彼らにとってもおおいなる実験であるのは間違いありません。
実験は、所詮実験ですので、結果を恣意的にコントロールすることは、いかに中国が共産主義の国だと言っても(これだけ世界の資本主義経済に組み込まれてしまっている現在)極めて非現実的なことだと思います。


先般の米国による「更なる金融緩和政策」に対しても、あれだけ明確かつ即応して非難した点からも、中国政府の焦りと危機感を見て取れます。


アメリカさん、これ以上煽ないでくれ!!そうでないともう制御できなくなるから!」
といった辺りが中国政府の本音なのだと思います。


「山高ければ、谷深し」

これまでも何度も書いていますが、中国湾岸部の資産バブル(不動産バブル)崩壊の谷があまりにも深く、中国富裕層に壊滅的な打撃を与え、彼らの購買能力が著しく低下し、結果、世界経済に深刻な影響を及ぼさないとよいのですが・・・。

誠に心配です。


***

「お知らせ」
新刊「愚直でまっとうな不動産投資の本」(ソフトバンククリエイティブが11月2日発売されました。

題名の通り、愚直でまっとうな、10年後に読んで頂いても(たぶん)大丈夫と思われる不動産投資についての普遍的な内容や鉄則、私が思う投資哲学など内容は盛りだくさんです。

  • これまでの不動産投資本では何か物足りな方
  • そんなに不動産投資は誰でも上手くいくのか?と疑問に思っている方
  • これからの大家業は、厳しい時代になるのではないかと思っている方
  • 良い収益物件になかなか出会えないと悩んでいる方

ぜひ読んでみて下さい。

アマゾンへ


***

実需から投資まで〜不動産投資顧問、調査、コンサルティング
株式会社長谷川不動産経済社

*******DVD・書籍********

デベロッパーの投資手法を知って投資の失敗を防ぎませんか?

「賢明なる不動産投資術セミナーDVD」発売!
<失敗しない投資戦略とリスクヘッジの手法>

詳細はこちらへ

***

賢明な不動産投資家に贈ります。
金融機関や証券会社の方が読んでいる真っ当な投資本!
「投資とお金と人生の読本」
新刊「お金を生み出す家を買いたい!」(WAVE出版)

→アマゾン

***

何と!19刷り決定!!5万部突破 「不動産購入の知恵の書」
(「家」シリーズは累計10万部突破です。ありがとうございます。)

「家を買いたくなったら」長谷川高著 (WAVE出版)

アマゾンへ
***************
『不動産投資情報のメルマガ』

●相互リンクしませんか?●